亜鉛 亜鉛と不妊

男性不妊を解決するのに亜鉛効果は必須!!

投稿日:

 

 

いまや、不妊の原因が女性だけでなく、男性にもあることは常識です。

そして、男性不妊の大きな原因の1つは、亜鉛不足にあります。

 

▼亜鉛不足の男性が不妊症になってしまう理由

 

男性不妊の主な原因として挙げられるのは以下の4つです。

 

1.乏精子症

 

簡単に言ってしまうと、精子が少なくなってしまう状態のことです。

乏精子症の原因は

  • 精索静脈瘤:精巣の血液が逆流し、血行が悪くなったり精巣の温度が上がることで精子が作りにくくなる状態です。
  • 男性ホルモンの減少:ストレスや加齢によって、精子の製造を活発にするテストステロンという男性ホルモンが減少している状態です。

などが挙げられます。

 

2.無精子症

 

精液の中に、精子がまったく見当たらない状態のことです。

無精子症には

  • 閉塞性:精子の通り道がふさがっている状態
  • 非閉塞性:精子そのものが作られていない状態

の2種類があって、閉塞性は手術によって、通り道を開くことができますが、非閉塞性は精子が作られるように対策をとる必要があります。

 

3.精子無力症

 

読んで字のごとく、「精子に力が無い」状態のことです。精子の運動率が通常よりも低く、卵子にたどり着けないんです。

精子の5分の4以上が元気のない精子だと、精子無力症と診断されることがあります。

 

4.奇形精子症

 

精子の数が十分でも、精子の形が異常な状態です。精子が奇形だと、

1998年に日本不妊学会で発表されたデータがあります。

 

そのデータによると、健康な男性(平均年齢21歳)の精子を調査した結果、正常な精子を十分な数持っていたのは60人中たった2人だったことが分かったそうです。

 

――――――――

 

以上が、男性不妊の主な原因です。

 

不妊に悩む男性なら、どれか一つは当てはまるはずです。不妊対策のためにいろいろと調べて、亜鉛にたどり着いた方も少なくないと思います。

 

亜鉛は「生命の元素」「セックスミネラル」と呼ばれるほど、新たな命を授かるために必須の栄養です。不妊に苦しむ男性を助ける鍵になります。

 

これから、その理由を紹介していきます。

 

▼男性の不妊を解決する亜鉛の効果!

 

これまでに紹介した、男性不妊の原因の根っこにあるのは、『精子の数と質』の問題です。

 

閉塞性の無精子症は例外ですが、『精子の数と質』に関わる部分は、多くの場合、亜鉛によって解決することができます。

 

男性不妊を改善に導く亜鉛の効果を紹介します。

 

1.精子を作る

 

単純なことですが、精子が少なければ、作るしかありません。

 

亜鉛は細胞分裂や新陳代謝を促すミネラルです。つまり、新たな細胞を生み出す精子の製造も促す働きを持っている、ということです。

 

それだけでなく、亜鉛は、精液の材料でもあるので、亜鉛を意識的に摂るようになると、精液の中の精子の量が明らかに増えます。

 

また、亜鉛は精液の合成に必須の『テストステロン』という男性ホルモンの分泌に必要なミネラルとしても知られています。

 

なので、亜鉛を積極的に摂ることで、『精子を作る材料』と『精子の製造を活発にするホルモン』の不足を解決することができるんです。

 

さすが『セックスミネラル』と言われるだけありますね。

 

2.精子の質を上げるのを助ける

 

精子の数が増えても、精子の質が悪ければ、受精・着床して順調に成長するのは難しいです。

 

精子の質の中でも、『どれだけ元気か(運動率)』と『どれだけ綺麗か(奇形かどうか)』が最も重要です。

 

体内に亜鉛が十分存在していれば、運動率の高い元気な精子が作られることが分かっています。亜鉛は、性ホルモンである『テストステロン』の分泌を促すことからも、精子の運動率を上げるためにはなくてはならないミネラルです。

 

そして、さっきも書きましたが、亜鉛は、細胞分裂や精子を作り出す役割を担っているミネラルです。亜鉛が足りていないと、正常に精子が作られず、奇形精子の割合が増えてしまいます。

 

ジャンクフードが奇形精子の原因だと言われていますが、それは、ジャンクフードが体内の亜鉛を大幅に減少させてしまうからだと考える学者もいます。

 

▼まとめ

 

ここまで書けば、不妊症状の改善に亜鉛が不可欠であることが分かってきたと思います。

 

もし、不妊症状に負けずに、命を授かりたいなら、まずは意識的に亜鉛を摂取して、体内の亜鉛がしっかり働けるように考えることをおすすめします。

 

不妊に悩む男性は、パートナーに対して、責任を感じてしまうこともあるかもしれませんが、まずは基礎的な栄養をしっかりと摂りながら不妊改善に努めてみましょう。

 

 

 

8割の人がダマされる含有量の罠

 

 

亜鉛を摂るにあたって、食材から摂ろうがサプリから摂ろうが含有量だけ見ていては『亜鉛を摂ってるつもり』になっているだけの可能性があります。

 

亜鉛は吸収率が低く、食事からは30~40%しか吸収されない上、

  • フィチン酸
  • 食物繊維
を含む食材が吸収を阻害することもあります。

 

サプリで摂ってるから大丈夫」と思っている方も安心するのは早いです。

 

例えば、亜鉛サプリに広く使われている亜鉛の有効成分である『亜鉛酵母』は、事前に熱処理がされていないと体内にほとんど吸収されません。

 

また、販売ページに『サプリ1粒あたりの亜鉛含有量』ではなく、『原材料100gあたりの亜鉛含有量』が書かれていて、実際のサプリには1粒1gも含まれていないことも往々にしてあります。

 

『亜鉛を摂取したつもり』になるだけでは、本当の満足感は得られません。

 

亜鉛を含有量だけでなく、吸収効率などを考えて摂ることで初めて亜鉛の魅力を知ることができます。

 

サプリであれば、有効成分の種類やメーカーの信頼性などを確認することも重要です。

 

それらについては、

亜鉛サプリおすすめランキングBEST10|サプリ嫌いの男が20種類から厳選!(2017.2.28更新)

亜鉛含有量だけを見ても意味ない!?|誰でも確実に亜鉛を補える方法

の記事をご覧ください。

 

ここまでお読みくださり感謝します。

     

-亜鉛, 亜鉛と不妊

Copyright© 亜鉛サプリおすすめ情報館|サプリ嫌いの男が本物を見つける旅 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.