亜鉛 亜鉛と不妊

亜鉛が不妊改善に欠かせない理由

投稿日:

 

▼亜鉛は生命のミネラル!

 

私は亜鉛ほど、陰で私たちを支えてくれている栄養はないと思っています。

 

亜鉛は別名『生命の元素』とか『セックスミネラル』と呼ばれることがあり、新たな命を授かるための代表的な栄養素なのです。

 

亜鉛の主な効果

  • 感情を安定させる
  • 新陳代謝を促進させる
  • 免疫力を上げる
  • ホルモンの分泌を整える
  • 肌荒れやシミの改善
  • 味覚を正常に保つ

などなどです。

これでも、亜鉛の効果の一部にすぎません。

 

亜鉛は体内に鉄の次に多く存在するミネラルです(仕事量では鉄を上回ります)。私たちの生命維持や新たな生命を授かるために、一生懸命働いてくれるのです。

 

それほどまでに命に関わりの深い亜鉛の効果は、もちろん不妊改善にも大いに働いてくれます。

 

 

▼亜鉛効果は不妊改善に欠かせない!

 

もし、あなたが男性であれ女性であれ、赤ちゃんが欲しいと心から望むのであれば、亜鉛の摂取は欠かせません。

 

○女性の場合

 

もしあなたが女性なら、不妊を改善させるには、排卵の周期を一定に保ち、元気で質の良い卵子を作り、受精した卵子が順調に育つように助ける必要があります。

 

亜鉛効果はその全ての面でサポートしてくれます。

 

排卵の周期を整える

 

排卵の周期を一定に保つには、ホルモンバランスを整えておかなければいけません。亜鉛は女性ホルモンの分泌を活性化させ、整える働きを持っています。

 

もし亜鉛が不足して女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、自律神経の働きも狂ってしまい精神的にも落ち込んでしまいます。

 

それに加えて、ストレスを感じるとプロラクチンという排卵を抑制するホルモンが分泌されてしまい、排卵期が乱れてしまいます。亜鉛は感情を安定させストレスに強い体を作るのを助けるミネラルです。

 

つまり、亜鉛が足りていないと、脳が「この体は妊娠に耐えられない」と感じて排卵されなかったり、周期が乱れてしまいます。

 

しかし、亜鉛を意志的に摂ることでそのような問題は解決できます。

 

質の良い卵子を作る

 

受精・着床し、元気な赤ちゃんになるまで成長を続けるためには、元気で質の良い卵子を作る必要があります。卵子の質を上げるには鉄分や葉酸、亜鉛をバランスよくとる必要があります。

 

しかし、普段の食事から摂るのが難しいのは亜鉛です。鉄は亜鉛ほど吸収率が悪くはありませんし、葉酸は普段の食事で不足することはないと言われています。

 

質の良い卵子を作れない大きな原因の一つには、他の栄養素以上に亜鉛の不足がかかわっているケースがかなり高いです。

 

つまり、質の良い卵子が作れない問題は、亜鉛を摂ることで案外すぐに解決できてしまうことが多いんです。

 

受精した卵子を順調に成長させる

 

受精した卵子が細胞分裂を繰り返し成長していくのにも亜鉛は必要です。亜鉛無しではまず細胞分裂ができません。

亜鉛が不足していると、細胞の分化がスムーズに行われず、成長が遅れたりストップしてしまいます。

 

現代の食生活では不足しがちな亜鉛を意識的に摂ることで、順調に命が育っていくのを確かめることができます。

 

もっと詳しく知る⇒亜鉛が不妊の女性を救う3つの根拠

 

○男性の場合

 

男性不妊の大きな原因になるのは無精子症や欠精子症など、いろいろありますが、突き詰めれば、『精子の数と質』の問題です。

 

胞分裂や新陳代謝を正常に行うのに必要な亜鉛が不足していると、精子が作られなくなってしまったり、作られたとしても変な形をしていたりします(奇形精子)。

 

また、精液の合成や精子の運動率を上げるのに必須の『テストステロン』という男性ホルモンを分泌させるのにも亜鉛は必要なホルモンで、亜鉛を十分に摂取できていればテストステロンが不足することはありません。

 

それだけでなく、『テストステロン』は性欲を引き起こす元になるホルモンなので、不妊の原因が性欲減退にあるのなら、その問題も解決することができます。

 

つまり、男性不妊の多くの原因は亜鉛を意識的に摂ることで改善に向かう、ということです。

 

もっと詳しく知る⇒男性不妊を解決するのに亜鉛は必須!!

 

 

まとめ

 

 

亜鉛が新しい命を授かるためには欠かせない栄養であることが分かって頂けたかと思います。

 

亜鉛は他の栄養素と比べると吸収率が悪く、現代の食生活とも相性が良くないので、ほとんどの現代人は亜鉛を十分に摂れていない状態です。

 

普段の食事からでは、なかなか摂取するのが難しいと感じるなら、サプリから亜鉛を補給するのが経済的にも負担にならないことが多いです。

 

 

 

 

8割の人がダマされる含有量の罠

 

 

亜鉛を摂るにあたって、食材から摂ろうがサプリから摂ろうが含有量だけ見ていては『亜鉛を摂ってるつもり』になっているだけの可能性があります。

 

亜鉛は吸収率が低く、食事からは30~40%しか吸収されない上、

  • フィチン酸
  • 食物繊維
を含む食材が吸収を阻害することもあります。

 

サプリで摂ってるから大丈夫」と思っている方も安心するのは早いです。

 

例えば、亜鉛サプリに広く使われている亜鉛の有効成分である『亜鉛酵母』は、事前に熱処理がされていないと体内にほとんど吸収されません。

 

また、販売ページに『サプリ1粒あたりの亜鉛含有量』ではなく、『原材料100gあたりの亜鉛含有量』が書かれていて、実際のサプリには1粒1gも含まれていないことも往々にしてあります。

 

『亜鉛を摂取したつもり』になるだけでは、本当の満足感は得られません。

 

亜鉛を含有量だけでなく、吸収効率などを考えて摂ることで初めて亜鉛の魅力を知ることができます。

 

サプリであれば、有効成分の種類やメーカーの信頼性などを確認することも重要です。

 

それらについては、

亜鉛サプリおすすめランキングBEST10|サプリ嫌いの男が20種類から厳選!(2017.2.28更新)

亜鉛含有量だけを見ても意味ない!?|誰でも確実に亜鉛を補える方法

の記事をご覧ください。

 

ここまでお読みくださり感謝します。

     

-亜鉛, 亜鉛と不妊

Copyright© 亜鉛サプリおすすめ情報館|サプリ嫌いの男が本物を見つける旅 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.