亜鉛 筋肉

亜鉛がテストステロンを増加させるのかどうか調査してみた

投稿日:

亜鉛 テストステロン アイキャッチ

 

 

亜鉛がテストステロンを増加させると主張するサイトは数多くありますが、そのエビデンス(根拠)を示している方はあまりいないように感じます。

 

そこで、今回は亜鉛がテストステロンを増加させるのかどうかを改めて調査してみることにしました。

  • 公的な研究機関による研究
  • 第三者の体感

などを交えて検証していきます。

 

 

1.亜鉛とテストステロンに関する研究機関による実験

 

 

亜鉛とテストステロンに関する実験ではデトロイトのウェイン・ステイト大学で行われた「Zinc status and serum testosterone levels of healthy adults.」呼ばれる実験が有名です。

 

実験の概要を確かめてみましょう。ちなみに公式の概要は実験名のリンクから確認してください(英文ですが、、、)。

 

 

1-1.実験の概要

 

 

実験は、

  • 27~8歳の若い健康な男性4人
  • 55~73歳の健康な男性9人

の合計13人を被験者として行われました。

 

被験者を対象に、一定期間、亜鉛の制限を行い、その間に血液中のテストステロンの値がどのように変化するかを確かめました。

 

 

1-2.実験の結果

 

 

実験の結果、亜鉛とテストステロンには非常に強い相関関係があることが明らかになりました。

 

実験期間中(20週間)、4人の若い男性は、顕著に血中テストステロンの値が下がっていました。

 

同じように9人の年配の男性たちも、実験期間中(6か月間)に、血中テストステロンの値が下がったのが確認されました。

 

具体的な数値に関しては、こちらからご覧ください。

 

また、同博士の他の実験では、亜鉛の制限を行った被験者の、5人中4人が精子数の減少し(そのうち3人は不妊点を大幅に下回った)、5人中5人のテストステロンが低下しました。

 

同被験者たちは、インポテンツを主張したので、博士が被験者たちに正常な食事を与え始め、1日30mgの亜鉛を摂取させたところ、正常な値に回復するのに、16~20週間かかったことも報告されています。

 

 

2.亜鉛はテストステロンや精子の値を正常化するのに深い関連がある

 

 

紹介した実験結果から推察されるのは、「亜鉛はテストステロンや精子の値を正常化するのに非常に強い相関関係がある」ということです。

 

これは、「テストステロンを増加させる」とは少しずれるかもしれませんが、大事なことです。

 

なぜなら、亜鉛が摂れば摂るほどテストステロンを増加させてしまう代物なら、過剰摂取によってホルモンバランスが乱れてしまうリスクが大きすぎるからです。

 

私にとっては、亜鉛の一つの魅力として捉えることができました。

 

 

3.亜鉛が少しでも足りないとテストステロンが著しく低下

 

 

紹介した実験で分かる、もう一つのポイントとして大切なのが、「亜鉛は少しでも足りないと血中テストステロン値が著しく低下する」ということです。

 

おそらく、亜鉛が消費されるのには優先順位があり、細胞の新生などのほうが優先度が高く、テストステロンに回す亜鉛が足りなくなるからかもしれません(私個人の考えです)。

 

なので、テストステロンの分泌を促すために亜鉛を摂るのなら、中途半端にとるのではなく、十分な量をしっかり補給するようにしましょう。

 

 

4.ある女性の体感

 

Yahoo!知恵袋で興味深い相談がありましたので、一部引用させていただきます。

 

妊娠希望で亜鉛のサプリを採っています。最近、性欲が増してきて少ししんどいくらいなのですが。女性でも亜鉛摂取により性欲が増すのでしょうか?

Yahoo!知恵袋より

 

妊活のために亜鉛サプリを摂り始めた女性が「少ししんどいくらい」にまで性欲が増進したことを訴えています。

 

ベストアンサーの方も仰っていますが、これは亜鉛によってテストステロンが増加(または正常値に近づいた)したためであると考えられます。

 

なので、最初に紹介した実験では、被験者はすべて男性でしたが、女性でも同様の効果を期待できるかもしれません。

 

 

最後に

 

ここまで、「亜鉛がテストステロンを増加させるのかどうか」調査した結果を書いてきました。

 

当たり前に思った方も多いでしょうが、改めてエビデンスと一緒に、亜鉛とテストステロンの関係性について確認するのも大切かと思います。

 

というわけで、今回のポイントのおさらいです。

  • 亜鉛はテストステロンと深い関連がある
  • 亜鉛は血中テストステロンや精子の値を正常に近づける
  • 亜鉛が少しでも足りないとテストステロンは著しく低下する
  • 女性でも同様の効果が期待できる

となります。

 

 

 

8割の人がダマされる含有量の罠

 

 

亜鉛を摂るにあたって、食材から摂ろうがサプリから摂ろうが含有量だけ見ていては『亜鉛を摂ってるつもり』になっているだけの可能性があります。

 

亜鉛は吸収率が低く、食事からは30~40%しか吸収されない上、

  • フィチン酸
  • 食物繊維
を含む食材が吸収を阻害することもあります。

 

サプリで摂ってるから大丈夫」と思っている方も安心するのは早いです。

 

例えば、亜鉛サプリに広く使われている亜鉛の有効成分である『亜鉛酵母』は、事前に熱処理がされていないと体内にほとんど吸収されません。

 

また、販売ページに『サプリ1粒あたりの亜鉛含有量』ではなく、『原材料100gあたりの亜鉛含有量』が書かれていて、実際のサプリには1粒1gも含まれていないことも往々にしてあります。

 

『亜鉛を摂取したつもり』になるだけでは、本当の満足感は得られません。

 

亜鉛を含有量だけでなく、吸収効率などを考えて摂ることで初めて亜鉛の魅力を知ることができます。

 

サプリであれば、有効成分の種類やメーカーの信頼性などを確認することも重要です。

 

それらについては、

亜鉛サプリおすすめランキングBEST10|サプリ嫌いの男が20種類から厳選!(2017.10.07更新)

亜鉛含有量だけを見ても意味ない!?|誰でも確実に亜鉛を補える方法

の記事をご覧ください。

 

ここまでお読みくださり感謝します。

     

-亜鉛, 筋肉

Copyright© 亜鉛サプリおすすめ情報館|サプリ嫌いの男が本物を見つける旅 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.