亜鉛

亜鉛と鉄分の違いとは?【特徴比較】

投稿日:

 

analysis-1010888_1280

 

亜鉛と鉄は相性が悪いという情報が聞こえてくることがあります。

 

今回の記事では、比較的混同されやすい亜鉛と鉄の違いや亜鉛と鉄分を共に補う方法について紹介していきます。

 

亜鉛の特徴

 

数多くの健康食品やサプリメントの中で亜鉛という栄養素は、注目度でいうとそれほど高くはありません。

 

ビタミンやカルシウムといった代表的な栄養ばかりが重要視される中、それでも亜鉛の働きやその特徴を知れば、より効果的に健康な身体を手に入れることができると理解ができます。

 

まず、亜鉛の特徴として挙げられるのは、たんぱく質と結合し、細胞全体の活性化による免疫力の維持や新陳代謝のサイクルに深くかかわっている点です。

 

他の栄養素はそれぞれの役割を得意とする箇所で発揮しますが、血液の成分に乗って細胞全体に行き渡るため、毛細血管などの細かな神経にも働きかけることができ、総合的に身体をサポートすることができます。役割に隔たりがないというのが特徴です。

 

 

鉄分の特徴

 

亜鉛とよく混同されて捉えられているのが鉄分です。どちらも血液の成分として欠かせない成分です。どちらも、貧血予防や血圧のコントロールに役立つと認識され、違いはあまりはっきりと把握されていない傾向にあります。

 

鉄分は血液中の酸素を運ぶ役目を担うヘモグロビンの原料となります。ヘモグロビンの作用が劣化すると、体全体に栄養や酸素が行き渡らずに、貧血に伴う目眩や吐き気を覚えてしまいます。日常生活を支障なく過ごすためにとても大切な栄養素であることが特徴です。

 

亜鉛とは異なり、細胞に直接働きかけたり、たんぱく質との結合や生成に加担することはほとんどありません。血液をサポートする専門家であるという捉え方をすると分かりやすく理解できます。

 

 

亜鉛と鉄分は食べ合わせが悪い

 

実は亜鉛と鉄分は状況によっては相性が良くない場合があります。

 

互いに血液に作用する性質をもっているので、同時に摂取すればより効率的に健康になれると考えてしまいがちです。しかし、それぞれの役割は大変身体にとって良いものの、一緒に体内に入れてしまうと、亜鉛と鉄分が互いに吸収を阻害してしまうことがあるのです。

 

万全の状態ではないヘモグロビンの生成を手助けしようとしている鉄分に対し、亜鉛はその完成を待たずにそれぞれの細胞に運んでいってしまいます。栄養の吸収という面においても互いが阻害してしまうというデータもあり、同時に摂取する際は食べ合わせの工夫が必要であると考えられます。

 

理想としては少し時間をおいての摂取が望ましいといえます。

 

 

亜鉛と鉄分を共に補う方法

 

亜鉛と鉄分の相性が悪いといっても、薬でないかぎり副作用のような害が及ぶことはほとんどありません。しかし、健康を考えて摂取するのであれば、より効果的な方法で行うに越したことはありません。

 

コツとしては亜鉛と鉄を時間別に摂取することがオススメです。たとえば、貧血気味の人は朝がとても辛く感じます。朝食は通常の食事を取り、鉄分のサプリで栄養を補いましょう。そうすると、1日貧血を起こすことなく過ごすことができます。

 

夕食のときはそれを逆転させて亜鉛をサプリで摂取するようにします。そうすると、夜眠っている間に一晩かけて元気なヘモグロビンが、細胞を活性化する栄養素を全身に運んでくれます。打ち消し合いを避けて、相乗効果を望めるような形で賢く摂取しましょう。

 

 

 

8割の人がダマされる含有量の罠

 

 

亜鉛を摂るにあたって、食材から摂ろうがサプリから摂ろうが含有量だけ見ていては『亜鉛を摂ってるつもり』になっているだけの可能性があります。

 

亜鉛は吸収率が低く、食事からは30~40%しか吸収されない上、

  • フィチン酸
  • 食物繊維
を含む食材が吸収を阻害することもあります。

 

サプリで摂ってるから大丈夫」と思っている方も安心するのは早いです。

 

例えば、亜鉛サプリに広く使われている亜鉛の有効成分である『亜鉛酵母』は、事前に熱処理がされていないと体内にほとんど吸収されません。

 

また、販売ページに『サプリ1粒あたりの亜鉛含有量』ではなく、『原材料100gあたりの亜鉛含有量』が書かれていて、実際のサプリには1粒1gも含まれていないことも往々にしてあります。

 

『亜鉛を摂取したつもり』になるだけでは、本当の満足感は得られません。

 

亜鉛を含有量だけでなく、吸収効率などを考えて摂ることで初めて亜鉛の魅力を知ることができます。

 

サプリであれば、有効成分の種類やメーカーの信頼性などを確認することも重要です。

 

それらについては、

亜鉛サプリおすすめランキングBEST10|サプリ嫌いの男が20種類から厳選!(2017.10.07更新)

亜鉛含有量だけを見ても意味ない!?|誰でも確実に亜鉛を補える方法

の記事をご覧ください。

 

ここまでお読みくださり感謝します。

     

-亜鉛

Copyright© 亜鉛サプリおすすめ情報館|サプリ嫌いの男が本物を見つける旅 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.