亜鉛 亜鉛サプリ レビュー 亜鉛サプリおすすめランキング

『海宝の力』の原材料・成分を調べたら、高い実感力・満足度の理由が判明

投稿日:

海宝の力 原材料

 

『海宝の力』は次世代・新世代の亜鉛サプリだ、と巷では言われています。

 

その理由は、他の亜鉛サプリが亜鉛含有量にばかりこだわっている中、

『海宝の力』は豊富な亜鉛を配合しつつ、亜鉛吸収率を高める成分も配合しているからです。

 

亜鉛は吸収効率が低い(摂取した分の30~40%程度)ミネラルなので、『海宝の力』のように、吸収率を高める配慮はとても嬉しいです。

 

この記事では、『海宝の力』に配合されている栄養成分・原材料を調べ、他の製品と『海宝の力』の違いをはっきりさせていきます。

 

 

1.『海宝の力』の原材料・栄養成分

 

IMG_3737

 

 

上の写真は、『海宝の力』の原材料名の欄です。

 

亜鉛サプリとしての有効成分に関わる原材料を抜き出すと

  1. 亜鉛酵母
  2. 牡蠣エキス末
  3. 魚肉ペプチド・フィッシュペプチド
  4. ビタミンC・クエン酸

※原材料名の表示は、『たくさん含まれている順番』です。つまり、『海宝の力』(亜鉛サプリとしての有効成分に関わる原材料)の中には、上の1~4の順番で多く含まれていることになります。

 

 

それでは、一つずつ見ていきましょう。

 

 

1-1.亜鉛酵母

 

亜鉛酵母とは、亜鉛を豊富に含む培地で培養した酵母菌のことを言います。簡単にいうと、『亜鉛たっぷりの酵母菌』ですね。

 

食物中の自然な形の亜鉛ではないので、体内に吸収するにはある程度の条件が必要になります。亜鉛酵母を吸収するための条件については、渋谷三丁目クリニックのコラムからの引用が分かりやすかったので参考までに抜粋しました(下記)

 

酵母亜鉛は熱処理して酵母の細胞壁を破壊しないと吸収できないため、各メーカーの処理技術次第で同じ分量が含まれていても薬効が大きく異なってしまうことが挙げられます。せっかく変な臭いのするサプリメントを飲んだのに、全然吸収されていなかったということも考えられます。

Vol.74 亜鉛サプリメントの吸収率の違い(後編)|渋谷三丁目クリニックのコラムより

 

簡単にまとめると、

  • 熱処理により細胞壁を破壊しないとほとんど亜鉛が体内に吸収されない
  • 熱処理の判断は各メーカーに委ねられている

ってことになります。

 

例えば、亜鉛酵母で20mgの亜鉛を摂れるサプリがあったとしても、製造メーカーで細胞壁を壊す熱処理を行っていなければ、ほとんど吸収されないことになります。

 

食物中の亜鉛ですら、経口摂取だと30~40%の吸収率なので、

熱処理されていない亜鉛酵母だと10%ぐらい吸収できればいい方じゃないでしょうか。つまり、20mg摂っても2mg程度しか吸収できない可能性があると考えられます。

 

ようは、

しっかり熱処理するメーカーの亜鉛酵母ならOK

さぼって熱処理しないメーカーの亜鉛酵母はダメ

 

以上のことから、亜鉛酵母はメーカーの誠実さに依存している原材料であることが分かります。

 

『海宝の力』の販売元『(株)フロムココロ』が信頼できる会社かどうかは別記事にてまとめる予定ですので、参照してください。

 

結論だけ伝えると、『(株)フロムココロ』は比較的しっかりした企業で、信頼に値します。亜鉛酵母もちゃんと熱処理されているのではないかと個人的には考えています。

 

 

1-2.牡蠣エキス末

 

牡蠣エキス末とは、牡蠣から特定の栄養素を含んだエキスを抽出、乾燥させ粉末状にしたものです。『海宝の力』の場合、牡蠣から亜鉛を含んだエキスを抽出しているものと思われます。

 

牡蠣から抽出された自然な形の亜鉛なので、吸収率は高い(おそらく30~40%)です。

 

ただし、エキスの濃度をどれだけ薄めて粉末にするかは企業・メーカーの裁量に任されています。『海宝の力』に含まれる17mgの亜鉛のうち、牡蠣エキス末が占めている割合は分かりませんが、できるだけ入っていてほしいですね。

 

 

1-3.魚肉ペプチド・フィッシュペプチド

 

これは『海宝の力』の満足度・実感力の源と言っても過言ではありません。

 

『ペプチド』とは、タンパク質を体内に吸収しやすいように細かく分割したもの。タンパク質以上に体内に取り込みやすい形になっています。

 

公式サイトのQ&Aページでも述べられているように、

魚肉ペプチドやフィッシュペプチドは、亜鉛酵母や牡蠣エキス末に含まれる亜鉛の吸収しやすくするために配合されています。

 

亜鉛はタンパク質とくっつくことで体内への吸収率が上がる性質があるので、それを利用しているんですね。

 

本来、亜鉛は吸収効率が低いミネラルなので、タンパク質(魚肉ペプチド・フィッシュペプチド)の有る無しでは、実感力に大きな違いが出てきます。

 

『海宝の力』の高い満足度は、亜鉛成分はもちろん、魚肉ペプチド・フィッシュペプチドのおかげと言わざるを得ません。

 

 

1-4.ビタミンC・クエン酸

 

亜鉛は、ビタミンCやクエン酸のキレート作用で、体内に吸収しやすくなることが分かっています。

 

しかし、はじめに断っておきますが、『海宝の力』に含まれる『ビタミンC・クエン酸』は、栄養成分として配合されている訳ではありません。

 

IMG_赤丸付き原材料

上画像は『海宝の力』の原材料名欄です。その中に、「フィッシュペプチド」と「セルロース」の間に「/」が入っているのが見えますか? この「/」は食品と食品添加物を分けるための表示。

 

つまり、『海宝の力』に含まれる『ビタミンC・クエン酸』は、あくまで保存料(酸化防止剤などの添加物)であり、食品ではないのです。

 

しかし、添加物だとしてもビタミンCやクエン酸そのものの性質を完全に失っているわけではありません。少なからず、亜鉛の吸収効率を高める効果が期待できます。

 

 

2.原材料・栄養成分評価『B』(A~E段階)

 

これまで、『海宝の力』の原材料・栄養素について紹介してきました。

 

2-1.おさらい

 

亜鉛を含む原材料は、

  • 亜鉛酵母:メーカーにより熱処理されているかどうかが重要(熱処理されていないとほとんど体内に吸収されない)
  • 牡蠣エキス末:吸収率は高い。しかし、濃度を高めるも低くするもメーカーの裁量次第。

 

亜鉛の吸収を助ける原材料

  • 魚肉ペプチド:『海宝の力』の実感力の源。亜鉛の吸収を助ける。
  • フィッシュペプチド:同上。
  • ビタミンC:キレート作用により、亜鉛の吸収率を高める。しかし、食品ではなく酸化防止剤として添加されているに過ぎないので効果のほどは不明。
  • クエン酸:同上。

 

2-2.評価『B』(A~E段階)

 

当サイトによる原材料・栄養成分から見た『海宝の力』の評価は

B(A~E段階)

です。

 

亜鉛の含有量は申し分ありません。さらに、亜鉛の吸収を助ける成分も配合することで原材料上は、高い実感力が期待できます。

 

しかし、亜鉛摂取の主力である『亜鉛酵母』は、熱処理の有無が明らかになっていない限り、メーカーを信じるしかない部分です。そこが少し引っ掛かり『A』ではなく『B』になりました。

 

 

おわりに

 

以上が、『海宝の力』の原材料・栄養の調査と評価です。

 

亜鉛サプリは、原材料の構成による質の良し悪しもありますが、相性や好みも関わってきます。

 

長く使い続けたいものを探しているのなら、まず一度使ってみることをおすすめします。

 

ちなみに『海宝の力』は大手の通販サイトでも販売してますが、初回割引が適用される公式サイトが最安値(500円)です。

 

いつでも解約できるうえに10日間の返金保証もあるので安心して購入できます。
>>『海宝の力』の公式ページはこちら

 

8割の人がダマされる含有量の罠

 

 

亜鉛を摂るにあたって、食材から摂ろうがサプリから摂ろうが含有量だけ見ていては『亜鉛を摂ってるつもり』になっているだけの可能性があります。

 

亜鉛は吸収率が低く、食事からは30~40%しか吸収されない上、

  • フィチン酸
  • 食物繊維
を含む食材が吸収を阻害することもあります。

 

サプリで摂ってるから大丈夫」と思っている方も安心するのは早いです。

 

例えば、亜鉛サプリに広く使われている亜鉛の有効成分である『亜鉛酵母』は、事前に熱処理がされていないと体内にほとんど吸収されません。

 

また、販売ページに『サプリ1粒あたりの亜鉛含有量』ではなく、『原材料100gあたりの亜鉛含有量』が書かれていて、実際のサプリには1粒1gも含まれていないことも往々にしてあります。

 

『亜鉛を摂取したつもり』になるだけでは、本当の満足感は得られません。

 

亜鉛を含有量だけでなく、吸収効率などを考えて摂ることで初めて亜鉛の魅力を知ることができます。

 

サプリであれば、有効成分の種類やメーカーの信頼性などを確認することも重要です。

 

それらについては、

亜鉛サプリおすすめランキングBEST10|サプリ嫌いの男が20種類から厳選!(2017.2.28更新)

亜鉛含有量だけを見ても意味ない!?|誰でも確実に亜鉛を補える方法

の記事をご覧ください。

 

ここまでお読みくださり感謝します。

     

-亜鉛, 亜鉛サプリ レビュー, 亜鉛サプリおすすめランキング

Copyright© 亜鉛サプリおすすめ情報館|サプリ嫌いの男が本物を見つける旅 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.