亜鉛

亜鉛の吸収効率を限りなく高める方法

投稿日:

亜鉛を効率よく吸収するためには?

亜鉛は普段の食事では30%ほどしか吸収されない厄介なミネラル。吸収効率を上げることが重要になります。

亜鉛の吸収率を上げる成分を一緒に摂る

亜鉛は以下の成分を一緒に摂ることで、吸収効率が上がることが分かっています。

  • ビタミンC
  • クエン酸
  • 動物性たんぱく質
  • アミノ酸

亜鉛を含む食べ物やサプリを摂るときには、上記の成分を含む食材を合わせることで、亜鉛の吸収効率を上げることができます。

ちなみに、市販のレモン汁は濃縮する際に熱が加えられビタミンCが壊れているので、効果は期待できません。

手軽に済ませたい気持ちもわかりますが、濃縮還元系は避けてピーマンや生レモンを使うようにしましょう。

おすすめは

・ビタミンCやビタミンAを含む果物や野菜のストレートジュース

・濃縮還元でないレモン汁を薄めたレモン水

・動物性プロテイン(カゼインプロテインなど)を水で薄めたもの

と一緒にサプリを摂ること。

おすすめの亜鉛摂取タイミング

ビタミンやミネラルの吸収率が上がるタイミングは、

  • 食後の胃が活発な時間
  • 就寝中
  • 空腹時

などです。

ただし、食後すぐは亜鉛の吸収を妨げる成分と一緒に摂取してしまう可能性があるので、『就寝前』に摂取するのがおすすめのタイミングです。

亜鉛の吸収を阻害する成分を避ける

亜鉛の吸収は

  • フィチン酸
  • シュウ酸
  • タンニン
  • 食物繊維
  • 鉄、銅などのミネラルの過剰摂取

などの成分を一緒に摂ることで亜鉛の吸収が阻害されることが分かっています。

しかし、上記の成分も健康維持に必要な成分です。

なので、亜鉛摂取をメインにする食事の時には、なるべく避ける意識を持っておくくらいでちょうどいいと思います。

それが面倒だと感じるなら、サプリで亜鉛摂取するのがストレスフリーで楽です。

 

8割の人がダマされる含有量の罠

 

 

亜鉛を摂るにあたって、食材から摂ろうがサプリから摂ろうが含有量だけ見ていては『亜鉛を摂ってるつもり』になっているだけの可能性があります。

 

亜鉛は吸収率が低く、食事からは30~40%しか吸収されない上、

  • フィチン酸
  • 食物繊維
を含む食材が吸収を阻害することもあります。

 

サプリで摂ってるから大丈夫」と思っている方も安心するのは早いです。

 

例えば、亜鉛サプリに広く使われている亜鉛の有効成分である『亜鉛酵母』は、事前に熱処理がされていないと体内にほとんど吸収されません。

 

また、販売ページに『サプリ1粒あたりの亜鉛含有量』ではなく、『原材料100gあたりの亜鉛含有量』が書かれていて、実際のサプリには1粒1gも含まれていないことも往々にしてあります。

 

『亜鉛を摂取したつもり』になるだけでは、本当の満足感は得られません。

 

亜鉛を含有量だけでなく、吸収効率などを考えて摂ることで初めて亜鉛の魅力を知ることができます。

 

サプリであれば、有効成分の種類やメーカーの信頼性などを確認することも重要です。

 

それらについては、

亜鉛サプリおすすめランキングBEST10|サプリ嫌いの男が20種類から厳選!(2017.10.07更新)

亜鉛含有量だけを見ても意味ない!?|誰でも確実に亜鉛を補える方法

の記事をご覧ください。

 

ここまでお読みくださり感謝します。

     

-亜鉛

Copyright© 亜鉛サプリおすすめ情報館|サプリ嫌いの男が本物を見つける旅 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.